2020年06月

2020年上半期はコロナコロナな感じでしたが、ビットコインも半減期を迎え、今後価値がさらに上がっていくはずなのですが…

どうなんだろう(^_^;)

FullSizeRender
この画像は少し前のものですが、半減期ごとにこう言う動きをするとすれば、赤から黄色にかけて急激な価格上昇が起こりうるはずなのです(笑)

ホンマカヨ

半減期から一年半から二年後くらいに黄色のピークが訪れて、10万ドルを超えてくる…のか?(笑)

我ながら、にわかに信じることはできませんが(できてるなら全財産を投げうってる)、夢があって良いと思っています(^_^;)

いまから2021年年末までに起こりそうな事件ってなんだろ?

コロナの第二波…スペイン風邪も一年後の波の方が痛かったそうで、コロナもその可能性はあります…

リーマンショックを超えるような金融危機…CLOローンだっけか?リーマンショックの時のレバレッジドローンの何倍何十倍と言う怪しげな金融商品が世界中に出回ってるのもご存知の方は多いはずですね

第三次世界大戦…核兵器の撃ち合いが起こるかどうかはともかく、米中、中印、中東、東アジア、南シナ海、いつでもどこでもなにが起こってもおかしくない…

天災…日本ならば南海トラフ地震や首都直下型地震など、いつ起こってもおかしくない…

こう言った危機が訪れた時に、もしかしたらドカーーーンと上げていくのかもしれません…


もちろん、価値がゼロになる可能性も常に孕んでいると思います…

量子コンピュータによって暗号が破られるなんて言われていますしねー

政府が規制して価値を失うとかも起こり得ます…


あ、ビットコインETFってのもあったなー

最近はあまり聞かなくなっていますが、ETFが承認されたら金のように爆上げするとかしないとか…


ポンプリアーノ氏ではありませんが、ビットコインだから犯罪に使われてるわけではなく、普通のフィアットの方がはるかに犯罪に使われていますし、ビットコインだから政府の規制が入るわけではなくて、例えば日本でもATMで現金の振込は10万円までとか、1日に下ろせる額はいくらまでとか、振り込め詐欺対策の?規制かあるし、あるテレグラムグループで外人が英語で言ってましたが、アメリカでも1930年くらいは個人が許可なく金現物を保有することは規制でできなかったそうで…

私の英語訳がおかしいかも知れませんが、ビットコインだから規制されるわけではないのです…


こう言う記事は、私は自分に書いていますので、絶対に鵜呑みにしないでくださいね

2018年に仮想通貨バブル後に参入して、詐欺紛いのプロジェクトに散々やられ、それでも可能性を見出して今でも暗号資産に関わっているわけですからねー(笑)

何年か後にどうなってるかなんかわかりませんけど、

「あの時買っておいたらよかった_| ̄|○」

だけは言いたくない…


「あの時買っておいたけど、やっぱ世の中甘くなかったね」

ならまだ耐えれる(笑)


いや、多分言いますよ

「全財産ぶち込んどけばよかった」

って(笑)

でもそれは自分のルールに反するのでねー(笑)



最後に…

投資は自己責任で!!

それでは皆さま、ご機嫌よう!

マイナスポイントかとおもいきや、これが次のキャッシュレスへの道標なのか!?

よくわからなかったので

マイナポイントとは

でググって一番上に出てきたPayPayさんのサイトを参考に読んでみました


正直読んでもよくわからなかったのですが、

2万円チャージしたら5000円分のポイントが還元されるそうで

何回でもOKなのか、一回こっきりなのかで印象がだいぶ変わってきますが、期間限定のモノのようです

これでマイナンバーカードを普及させようってのが狙いのようです

が…

正直5000円ぽっちで自分のプライバシーを売るような印象を持ってるのは私だけでしょうか?(^_^;)

景気対策のつもりならとりあえず消費税を3年でいいからゼロにしろやっておもいますがねー

特別給付金10万円ですが、税込10万のモノを買ったら実質的な支給額は90909円だっけ?になると言うバカくさい話なのですよ(^_^;)

手取り年収300万の人が生活に必要ということで貯金せず全額使い切ったら、使えた額は2727272円で年間272000円強もの税金を支払うわけですが、これがゼロになるんだからね?

噂によると、消費税ゼロを提言してた自民党の西田昌司議員は8%に戻すことを提案したそうで、日和ったなんて言われてますけど、2%下げることすらできませんからねー(^_^;)


マイナポイントの話からズレすぎた(笑)


だいぶ飛躍した話ですが、マイナンバーと預金口座などを紐つけて脱税がやりにくい社会にしようと言う理念があったとしてですよ?

普通の人は脱税なんかしないから拍手礼賛するのはわかりますけど、ホントにこの国の捜査機関が巨悪の悪行を暴くと本気でおもいますか?

今の特捜にしろ国税にしろ証券取引委員会にしろ、巨悪と戦う正義の味方ですか?

私は果てしなく、弱いモノいじめのツールにしかならないとおもいます。

つまり、何億円と海外に逃してマネロンしてる巨悪を横目にわずか数万円の申告漏れを指摘されて罰金を払わされる監視社会になるだけな気がします(話が飛びすぎてるのは承知しております)


また、政府にお金の使い道を把握されるのもイヤでしょ?

もしあなたが世に出た時、誰も知りようもなかったはずのあなたの恥ずかしい嗜好がリークされて、その地位を失うなんてこともあり得るかもしれません。


マイナポイントがこう言う監視社会の布石かどうか知りませんが、こうしている間にも監視社会化は進んでいます



なにが言いたかったのかわからなくなってきたのでこの辺にしとこ(笑)



ここまで読んでくださってどうもありがとうございます!


それでは皆さま、ご機嫌よう!

1万ドルを超えて力強く上がっていかないビットコインですが…

三回目の半減期を過ぎてはや1ヶ月、今後の底値が今くらいになるんだろうか?

もはや人生を逆転させるには暗号資産しかないとか勝手に思ってるわたしですが(実際それ以外ねーだろうなーw)、ホントに一体どうなっていくのか?

人生を賭けて暗号資産にぶっこんでいるわけではありませんけど、気がつけばまあまあ半分くらい暗号資産になってます(超零細です)

特別給付金の使い道はビットコインと決めてるのですが、まだこねーしなー(笑)


そうそう、最近ジリジリいい感じにあげてきているのが問題のICOだった

ChiliZですよー(^_^;)

ChiliZ自体の問題じゃなくて、日本での窓口だった泉忠司氏の評判が問題だったわけですがねー

まだICO価格の3円には到達してないけど、わたしは上場後買い増しして取得単価を下げたので、プラス圏に出てきましたねー

いまは公式日本語テレグラムグループではバルセロナFCのFTOの話題でもちきりですねー

だから上がってるのかな?

わたしの友人もかなりのサッカーファンですが、彼らからChiliZの話を聞いたことがないなー(^_^;)

ファントークンなんて買うのはどう言う層なんだろと思いますね(^_^;)


そういや、ChiliZが3円になったら時価総額何位になるんだろ?

だいぶ前の記事では8888888888枚で計算しましたが、いま市場に出てるのはこの半分くらいだそうなので、それで計算してみます

FullSizeRender
情報はコインゲッコーアプリのものです
CMCよりも情報の更新が早いのだとか(^_^;)
ホントかどうか知りませんよ(^_^;)
しかし、テザーの時価総額がXRPを追い抜いたのはコインゲッコーの方が早かったそうですよ

現在はざっくり48億枚が発行枚数のようですね

今の時価総額が、6870万ドルですか(^_^;)

これが3円だと、1億4400万ドルか(^_^;)
FullSizeRender
52位と53位の間に入るのか!

と言うことは、10位になろうと思ったら…

FullSizeRender
24億ドル?か?これ?
うん24億ドルくらいですねー(^_^;)

そうかー
ChiliZが1枚0.5ドルになったら時価総額10位にランクインなのか(^_^;)

あ、今現在の時価総額ならばの話ですよー(^_^;)

しかし、世界中のスポーツファンがトークンを欲しがったらそのくらいにはなるんじゃねーか?(^_^;)


まだそんな夢物語信じてるのかって?(笑)

夢も何も、マイキーさんじゃないけど、スポーツはAIに取って代わられることは今のところありませんからねー

そう言う点では強いと思います

しかも、まだサッカーチームが7チーム?、eSportsが1チーム、格闘技団体が一つだけですよ参加してるのは

これが増えていく限りいくらでも需要も増えるんじゃないの?

例えば、2022年サッカーワールドカップ前くらいに、周りから言われるかもしれませんよ

「ChiliZ1000枚以上持ってる人は観戦チケットもらえるんだって!でもChiliZが一枚100円なんだよなー

無理だろ?(^_^;)」

一枚1円以下の時に買ってた奴って賢いよなー」

なんてね(^_^;)


投資は自己責任で!


それでは皆さま、ごきげんよう!

↑このページのトップヘ